さとうデンタルクリニック

電話番号:03-5422-7474
facebookページ
24時間オンライン予約

一般的な補綴物(ほてつぶつ)の種類

一般的な補綴物(ほてつぶつ)の種類

補綴物は、使用する素材によって いくつかの種類に分類されます。
治療する部位や程度によって適応できる場合と、できない場合があります。

充填/インレー(詰め物)
削った部分に合金や樹脂などを充填したり、精密な構造物を埋め込む方法
メリット
◆削る部分が必要最小限で済む
デメリット
◆詰め物が外れたり、詰め物の内部や境目が虫歯になることがある
クラウン(人工歯冠)
歯根が残っている場合に、その上に人工の歯を取り付ける方法
メリット
◆異物感が少なく、しっかり噛める
デメリット
◆歯根が残っていないとできない
◆歯を多く削らなければならない
ブリッジ(橋義歯)
抜けた歯の両隣の端を削って歯冠をかぶせ、それと一体となるように橋渡しで人工歯を作る方法
メリット
◆異物感が少なく、しっかり噛める
デメリット
◆両隣の歯を削って支えとするため、負担が大きい
◆強い力がかかるため材料に強度が必要
インプラント(人工歯根)
顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、それを土台にして人工の歯を取り付ける方法
メリット
◆隣の歯への負担がない
◆異物感がほとんどなく、しっかり噛める
◆見た目が良い
デメリット
◆歯根を埋め込む手術が必要で時間がかかる
◆比較的新しい技術のため、歯科医間で技術や設備、料金等のばらつきが大きい
部分入れ歯(部分床義歯)
歯肉に似せた樹脂(義歯床)に人工歯を付け、金属などで隣の歯と連結する方法
メリット
◆取り外しが可能でメンテナンスが容易
◆隣の歯への負担が少ない
デメリット
◆噛む力を歯肉で受け止めるため、強く噛めず、異物感がある