インプラント

インプラント

インプラントについて


ご自身の健康な歯で、一生食事を楽しむというのが最も理想的ではありますが、虫歯などの何らかの原因で歯が喪失してしまったケースの歯科治療において、選択肢はブリッジ、入れ歯、移植、インプラントしかありません。
その中であらゆる面においてメリットが多く、治療後の成績がいいのがインプラントです。

当院のインプラント治療は患者様に「インプラントをして本当に良かった」と満足して頂けるように、使用するインプラント体から術式、設備などあらゆる面で 最高のものを提供できるように心がけております。使用するインプラントは国際的に世界TOPブランドのstraumannとzimmerです。
この二つのインプラントから患者様ひとり、ひとりの骨や口腔内の状況にあわせて患者様に最も適したものを選択しています。
また、患者様に安心して治療をうけて頂けるように、治療後の補償についてもしっかりとした制度を設けてお りますのでご安心ください。

当院はストローマンズパートナーに加盟しております。

インプラント満足度No.1審美治療満足度No.1

当院のインプラント治療が各種メディアで紹介されています

「Doctor’s File」や「頼れるドクター」など、各種メディアで当院のインプラント治療が紹介されています。

【Doctor’s File】

【頼れるドクター】


当院のインプラントが選ばれる理由

◼︎わかりやすい説明

当院は患者様一人ひとりに対して現在のお口の状況、治療方法、治療後にどうなるか等ついて丁寧な説明を心がけています。

◼︎圧倒的な症例数

当院の技術力をご評価いただいき、非常に多くの症例を担当してまいりました。
中には「他院で断られた」という患者様の治療を担当させていただいたこともございます。

◼︎インプラント治療の品質

当院は医師の技量はもちろん、扱う材料もすべて高品質なものを選んで使用しております。

◼︎安心の保証制度

医院によってはメンテナンスのために通院しなければ保証が効かないということもあるようですが、
当院では海外出張、東京都外からお越し下さる患者様も多いため、メンテナンスのためにご来院いただいていない場合も10年間保証しています。
※交通事故など患者様ご自身の理由による破損などは期間に関わらず保証の適用外となります

◼︎アフターケア

当院はインプラントのクリーニングに最も適したクリーニング設備を有しています。

インプラントとは?

1、歯を失ってしまった所に穴を開けます。

2、チタン製の人口歯根を埋め込みます。

3、土台を立てます。

4、冠をかぶせます。

インプラントによる治療

インプラントでどこまで噛めるか

天然歯の咬合力(噛む力)は、最大で50~60kgです。
インプラントは、天然歯とほぼ同等の噛む力・噛み砕く力に回復させることが可能で、また、噛んだ感覚が、天然歯とほとんど変わりません

耐用年数

インプラントは10年で90%を超えて残存しています。それほど信頼性の高い治療と言えます。10年で90%を超えている補綴物は、他にはありません。 現状で、耐用年数に関して最も信頼度が高い治療法と言えます。

希に、ダメになってしまうケースの例が下記です。

  • ●噛み合わせが強い、歯ぎしり等が強く負荷がかかり過ぎてオーバーロードになって弛んでくる。
  • ●体調の変化によりインプラント周辺に炎症がおき、ちょうど歯周病が進行するかのごとくインプラントが脱落してしまう。
  • ●その他、インプラントはチタンでできていますが、身体が拒否反応を示す。埋入したインプラントに十分な血液が供給されないために定着しないなど、ごく初期の段階で問題が起きるケースが稀にあります。

インプラントとブリッジの比較

インプラントとブリッジの比較表です。

厚生労働省が認定する細胞培養加工施設

さとうデンタルクリニックは厚生労働省が認定する細胞培養加工施設に登録されています。
(認可の無い医療機関での再生医療は禁止されています)
歯科治療に再生医療を活用することで、今までよりも痛みや腫れの少ない治療・患者様ご自身の歯や骨を活かした治療を行うことができます。
また、インプラント治療を行うのに十分な骨がない場合でも、骨再生治療を行うことによって治療が可能になります。


CGF(写真右:黄色の物質)
遠心分離をかけてできた自己由来の成長因子(サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリングゲル)

AFG(写真左:白色の物質)
抗凝固剤が入っていない血漿のことで、自然状態に最も近い血漿です。これに人工的な骨を混ぜて使用します。この両者を使用することで手術後の創部の侵襲の軽減、および治癒の促進、骨再生の足場の構築が可能になります。ゆえにインプラント体と骨との結合をかなり強めることができますのでしっかりとしたインプラントをうつことが可能になります。 また抜歯後の痛みの軽減を目的として抜歯時に用いたりします。

インプラントのBefore/After

Case001


【Before】
上顎洞(鼻の空洞)までの間隔が4mmしか無いため、しっかりとしたインプラント治療が行えない状態です。
【After】
お鼻の空洞を上げて骨を造成し、十分なスペースを確保することで、しっかりとしたインプラント治療が出来ています。
当院のソケットリフトは最小限の侵襲で骨を造成するので、お顔が腫れたり痛みが出ることがほとんどありません。

Case002


歯の周りが膿んでしまっており、骨も足りずインプラント治療が難しい状況でしたが、
ソケットリフトによってインプラント治療を可能にしています。

Case003


【Before】
歯の周りが溶けてしまっており、歯自体も大きく動揺している状態でした。
【After】
自己由来の成長因子を用いた骨造成法によって骨を再生し、しっかりとしたインプラント治療が行えています。

Case004

インプラント治療のBefore/After


骨再生療法+インプラント抜歯即時埋入を実施しています。
他院で「骨が無いためインプラント実施不可」と診断されていたケースです。

Case005

インプラント治療のBefore/After


骨再生療法+インプラント抜歯即時埋入を実施しています。
他院で「骨が無いためインプラント実施不可」と診断されていたケースです。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れは、下記のようになります。
インプラントの埋入から最終補綴物まで約3~7ヶ月程度の時間を要します
(治療期間はインプラントを埋入する部位の骨の状態などによります。)

1、診査

・インプラント骨結合期間として3~6ヶ月を要します。

・顎の骨や他の歯の状態を、X線写真や模型により診査を行います。

・相対する歯との噛み合わせなど問題点がないか精査します。

2、X線・CT検査

・埋入するインプラントならびに長さを選択します。

・CT、パノラマX線写真、口腔内模型から埋入位置・方向を決定します。

・残存歯の状況確認。

3、インプラント術前処置

・術後の感染を抑えるために、術前に口腔内のクリーニングを行います。

4、インプラント埋入手術

・あらかじめ用意してあるインプラントの埋入手術を行います。

・抜歯後、中の不良肉芽を掻爬し、インプラントを埋入し、隙間にはβ-TCPを填入し、仮のブリッジを再装着しておきます。

5、骨結合期間

・下顎で通常2~3ヶ月、上顎で通常3~6ヶ月で再生し結合します。
※当院の設備(β-TCP、CGF)を使用することで上記期間よりも早く結合させることが可能な場合もあります。
・この間は1ヶ月に1回程度検診にお越しいただくだけで通院を必要としません。

6、インプラント2次手術

・インプラントが固定されたら、土台(アバットメント)とクラウンの制作を行います。

7、印象採得

8、最終補綴物の装着

・歯の形態が決まったところで、型を採り最終補綴物(被せもの)を制作、装着し治療が完了となります。

・定期検診を欠かさず、クリーニングを受け、インプラントを長持ちさせるようにしましょう。

インプラントの治療ケース

歯を1本失った場合

歯を数本失った場合

歯を全て失った場合

【従来】入れ歯での対応

【インプラントを使用】

金額に合わせて、よりご自身の歯に近く、理想的な食事を摂ることが可能になります。

さとうデンタルクリニックの最新設備

ピエゾ

軟組織は一切けずらず硬組織(骨など)だけを切削する器具です。これにより上顎のインプラントをするときにお鼻の空洞との間に骨が少ないケースでも安全にインプラントをすることが可能となります。

CGF

CGFという近代医学の再生医療の分野で最も注目されているものの一つです。ご自身の血液を遠心分離をかけることによりご自身由来の成長因子をとりだせます。これによりインプラントの入ったあとの骨との結合がかなりよくなるのはもちろん他院で骨がないから無理といわれた症例でも可能となります。

インプラント治療に関するデメリットとリスク

インプラント治療のデメリット

1 高度最新医療により保険適用外で高額である。

2 外科処置を行わなければならない。

埋入にあたり手術を行わなければなりませんが、侵襲は抜歯程度です。OPE当日そのまま出勤することも可能です。

下顎への挿入におけるリスク

下顎には下顎管という太い神経が走行しています。これを損傷すると麻痺が起きます。
このリスクを回避するために、埋入する深さは下顎管より最低2mm以上のセーフティマージン(安全な距離)を取ります。

また、骨幅がない、骨の形態を十分に把握しないまま、舌側んい穿孔した場合、舌下動脈等を損傷し、大量出血を起こすことがあります。このようなことがないようにCT撮影を行い、骨幅、高径ならびに下顎管までの距離を正確に把握し手術に臨む必要があります。

抜歯したところにそのまま置いてくるような形での埋入の場合、基本的にはドリリングをしませんので、これまで記載したようなリスクはありません。

参考:医療費の控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために支払った医療費の合計額が一定の金額を超える場合、その超える部分について控除を受けることができる制度のことです。

【医療費控除の対象となる費用(審美治療を除く)】

自分自身と生計を一にする家族のために支払った医療費

その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費

治療にかかった費用と、診療や治療のための電車代・バス代 等

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額です。(注 最高で200万円)

(実際に支払った医療費の合計額 – 保険金などで補填される金額)- 10万円(※)

※所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。

【控除を受けるための手続き】

お住まいの所轄の税務署に持参し所定の申告用紙に記入します。

その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては確定申告書に添付するか、提示することが必要です。

また、給与所得のある人は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。

確定申告は2月16日から3月15日迄です。詳しくは国税庁のHP「タックスアンサー」などでご確認ください。