さとうデンタルクリニック

電話番号:03-5422-7474
facebookページ
24時間オンライン予約

精密根管治療

精密根管治療

さとうデンタルクリニックの根管治療(根っこの治療)

さとうデンタルクリニックでは、「残せる歯は完治した状態で残す」ことを目標に治療を行います。
もちろん、「放置すれば放置するほど骨を溶かす原因になる」など悪影響を及ぼす歯については抜歯をお勧めしますが、当院で残せる歯と判断できた歯に関しては、たとえ他院で残せないといわれた歯であっても、完治した状態で残すことを目指しています。

一言で「歯を残す」といっても「完治した状態で残す」のと「悪い状態のまま被せものをして残す」のは治療後の状態が大きく異なります。
当院では「膿んでしまって、一度溶けてしまった骨もきちんと再生させるレベル」を完治と言っています。完治を目指す根幹治療(根っこの治療)は自費診療になってしまう場合もありますが、大半は保険診療の範囲内で対応可能です。

根管とは歯の根っこのこと

▲ページトップへ

精密で高レベルな根管治療を行うために

精密で高レベルな根管治療を行うためには、

1. 滅菌下での治療
2. 正確な技術
3. CTを使用した3次元的な診断
4. ケースによって使い分ける設備の選択肢の豊富さ
5. マイクロスコープを使った「肉眼では見えない部位」への対応
6. その歯を残そうとする想い

が大事であると当院では考えています。

最新のCTスキャン機器

最新のCTスキャン機器

マイクロスコープの中でもトップブランドのZEISS製品を採用

▲ページトップへ

根管治療を重要視しています

根管治療は歯を残して被せものをする治療のすべての地盤であり、最も重要な治療です。

この治療がきちんとうまくいってなければ、どんなに綺麗な被せものをいれていても、治療のやりなおしになってしまいます。
また根っこの治療がきちんとできていないと歯は悪化し続けるので、自覚症状がでなくて安心していても、久しぶりに歯医者にいったら、抜歯しなければいけないくらい悪くなっていると診断されてしまうこともあります。

そのため、この治療がしっかりできる病院でない病院で診てしまったために、残せるはずの歯を抜かれてしまうなんてこともあります。
根管治療に力を入れている病院で治療を受けるかどうかで、患者様のお口の健康状態に大きな差が生まれることになります。

さとうデンタルクリニックでは「抜かなくていい歯を抜かない」ために、そして「抜かなくていい歯はしっかりと完治させる」ためにも、しっかりとした根管治療を行ってまいります。

▲ページトップへ

厚生労働省が認定する細胞培養加工施設

さとうデンタルクリニックは厚生労働省が認定する細胞培養加工施設に登録されています。
(認可の無い医療機関での再生医療は禁止されています)
歯科治療に再生医療を活用することで、今までよりも痛みや腫れの少ない治療・患者様ご自身の歯や骨を活かした治療を行うことができます。
また、インプラント治療を行うのに十分な骨がない場合でも、骨再生治療を行うことによって治療が可能になります。

CGF(写真右:黄色の物質)
遠心分離をかけてできた自己由来の成長因子(サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリングゲル)
AFG(写真左:白色の物質)
抗凝固剤が入っていない血漿のことで、自然状態に最も近い血漿です。これに人工的な骨を混ぜて使用します。この両者を使用することで手術後の創部の侵襲の軽減、および治癒の促進、骨再生の足場の構築が可能になります。ゆえにインプラント体と骨との結合をかなり強めることができますのでしっかりとしたインプラントをうつことが可能になります。 また抜歯後の痛みの軽減を目的として抜歯時に用いたりします。

▲ページトップへ

根管治療に使用する最新設備

CTスキャン

CTスキャン

CTスキャン

レーザー治療用機器


レーザー治療用機器

ピエゾ

軟組織は一切けずらず硬組織(骨など)だけを切削する器具です。これにより上顎のインプラントをするときにお鼻の空洞との間に骨が少ないケースでも安全にインプラントをすることが可能となります。

CGF

CGFという近代医学の再生医療の分野で最も注目されているものの一つです。ご自身の血液を遠心分離をかけることによりご自身由来の成長因子をとりだせます。これによりインプラントの適合の向上や歯周病で骨がないところの回復、抜歯した後の骨の再生の促進が可能となります。

 

CGF(写真右:黄色の物質) 遠心分離をかけてできた自己由来の成長因子(サイトカインを多く含んだ自己血液フィブリングゲル) AFG(写真左:白色の物質) 抗凝固剤が入っていない血漿のことで、自然状態に最も近い血漿です。これに人工的な骨を混ぜて使用します。この両者を使用することで手術後の創部の侵襲の軽減、および治癒の促進、骨再生の足場の構築が可能になります。ゆえにインプラント体と骨との結合をかなり強めることができますのでしっかりとしたインプラントをうつことが可能になります。 また抜歯後の痛みの軽減を目的として抜歯時に用いたりします。

X-スマートプラス wave.one 、THERMAFIL

この2つの機材によってより無菌的により安全により正確な根っこの治療を行うことができます。

この2つの機材によってより無菌的により安全により正確な根っこの治療を行うことができます。

上あごと鼻の空洞の間に骨がないケースでも、安全に正確にインプラントを行うための器具です。これがあることで、他院で断られた症例でもインプラント治療が行えています。

タンパク分解型除菌水(POIC水)

当院では、患者様のホームケアにPOIC研究会が推奨するタンパク分解型除菌水(POIC水)をお勧めしております。
POIC水とは、超純水と塩(海水の1/10以下)を電気分解して生成された水で、当院ではエピオス社が提供するタンパク分解型除菌水(POIC水)、「エピオス水」を使用しております。
電気分解によって生まれた「次亜塩素酸イオン」によって、ブラッシング(歯みがき)前のバイオフィルムやその他たんぱく汚れを分解し、ブラッシング効果を引き上げることができます。

また、当院で使用しているエピオスウォーターは、超純水と塩から作られています。 薬品を一切使っておりませんので、他の消毒液に比べて安全性が非常に高 く、誤って飲んでしまっても問題ありません。また、電気分解によって発生する「次亜塩素酸イオン」によって非常に高い殺菌能力を持っています。
下図にもあるように人体には何よりも安全で口腔内の細菌の滅菌、殺菌にも何よりも効くという理想的なホームケア法です。

マイクロスコープ「μcam」

マイクロスコープ「μcam」


マイクロスコープ「μcam」使用例

マイクロスコープ「μcam」使用例


2017年1月に発売された最新マイクロスコープのμcamを導入しました。
この最新機種の導入は関東でもまだ4件目です。(2017年4月時点)

▲ページトップへ

精密根管治療のBefore/After

Case001


【Before】
CTで確認すると、膿んでしまっており骨が溶けてしまっている状態です。
骨がほとんどなく、歯が歯茎に刺さっているだけの状態でした。
当然、前医では抜歯という判定でした。
【After】
セカンドオピニオンで当院を受診。
当院の精密根管治療と骨造成法を組み合わせた治療を行った結果、骨が再生しています。
今回は骨が再生することができたため、抜歯をせずに治療を行うことができました。

同じ症例を別の角度から撮影した写真です。
骨が再生していることが確認できます。

Case002


【Before】
膿んで骨が溶けている状態で、前医では抜歯と判断されました。
【After】
骨が完治して骨が再生しています。この段階まで再生すれば、問題がない限りこの歯は一生残すことが可能です。

Case003

精密根幹治療のBeforeAfter003

Case004

精密根幹治療のBeforeAfter004

▲ページトップへ

精密根幹治療の診療風景


高倍率治療

▲ページトップへ