0354227474 TEL 24時間
Web予約
インスタグラム Instagram
invisalign go インビザライン invisalign go インビザライン
短期間低コスト
気軽にできる矯正
理想歯並びへ

invisalign go インビザライン

インビザラインgoは透明なマウスピースを使用した歯列矯正です。歯並びは気になるけどワイヤーが目立つから矯正はしたくないという方、費用や治療期間が理由で矯正治療を諦めてしまった方々におすすめの治療です。
また、「invisalign」はマウスピース矯正のトップブランドであり、マウスピースの素材もSmartTrackという素材の特許を保有しています。この素材は歯の移動しやすさ、矯正期間中の痛みの出にくさの点で他のブランドよりも格段に優れており、マウスピースの製作工程から管理までトップブランドらしく徹底しています。

インビザライン矯正とは

インビザライン矯正とは
インビザライン矯正とは

インビザライン矯正とは、インビザライン社が提供するマウスピースを使用したマウスピース矯正のこと。透明で着脱可能なマウスピースを使用するため、ワイヤーを使用した歯列矯正に比べて目立ちにくく、食事や歯磨きなどの際に外すことができるというのがこの矯正の大きな特長です。また、前歯10本の矯正に特化したマウスピース矯正「インビザラインgo」はコストを抑えて短期間で矯正治療を行うことができます。

インビザライン矯正とは

こんな方におすすめ

インビザライン矯正とは

・歯並びが気になるけど、矯正治療は時間お金もかかると思っている...
・ワイヤーを使う矯正治療は人目が気になってしまう...
・矯正治療の痛みや日常生活での違和感が心配...
・通院回数を少なくしたい...
・できれば抜歯はしたくない...
・気軽に始められるマウスピース矯正が良いが、歯並びの仕上がりを妥協したくない...

インビザライン、
4つの特長

1透明なので目立たない

透明なマウスピースを使用するため、ワイヤー矯正に比べて目立ちません。

2低予算かつ短期間で治療可能

インビザラインgoならワイヤー矯正よりも低予算、最短3ヶ月で治療を完了できます。
※症例により異なる可能性があります

3特許技術で正確かつ快適な
治療を実現(スマートトラック)

インビザラインはスマートトラックという特許技術を保有しています。この技術により「目立たないのに正確で快適な治療」を実現しています。

4矯正期間中も快適に過ごせる

インビザラインは着脱可能なマウスピースを使用した矯正治療なので、食事・歯磨き・そのほか大切なシーンなど、必要に応じて器具を外して生活することができます。

当院が
マウスピース矯正に
インビザラインを
おすすめする理由

当院がマウスピース矯正にインビザラインをおすすめする理由
  • • マウスピース矯正のトップブランドであり、SmartTrackというマウスピース素材の特許を保有している
  • • 歯の移動しやすさ、矯正期間中の痛みの出にくさの点で他のブランドよりも格段に優れている
  • • マウスピースの製作工程から管理までトップブランドらしく徹底されている

invisalignは他ブランドよりやや価格が高くなりやすいですが、これは原価の差でもあります。当院では、矯正という医療行為においては、外見的な仕上がりや、機能的な仕上がりがとても重要であると考え、せっかく矯正治療をするのならば、価格の相場は他ブランドよりも若干上がりますが、トップブランドであり、矯正期間中のストレスが少なく、仕上がりの良いinvisalignをお勧めしています。また、他ブランドのマウスピース矯正で上手くいかず、invisalignに切り替えたという話を聞いたことはありますが、invisalignから他ブランドのマウスピース矯正に変更したという話は聞いたことがありません。

当院の
マウスピース矯正が
選ばれる理由

審美歯科と合わせて
総合的な治療が可能

当院は矯正治療だけではなく審美歯科に関する技術・経験も豊富な歯科医院です。そのため、マウスピースやワイヤーを使った矯正治療に限らず、審美歯科治療を含めて総合的に歯並びや歯の見た目の治療が可能です。また、患者様のお口の状況によってはマウスピース矯正以外の治療の方がご希望に沿った結果を得られる場合がございます。その際にご提案できる選択肢が多いことも当院のマウスピース矯正が選ばれる理由の1つです。

審美歯科、矯正治療の
両方の保証を受けられる

審美歯科治療と矯正治療を別々の歯科医院で実施する場合、保証を受けられない場合がほとんどです。当院では審美歯科治療も矯正治療も合わせて総合的に対応可能であるため、患者様には両方の治療の保証をお受けいただけます。

光学スキャナー「iTero」で
快適かつスピーディな歯型作成

当院ではインビザラインのマウスピースを作成するための歯型を『iTero』という光学スキャナーで作成いたします。iTeroを使用することで、従来の歯型作成に比較して短時間かつ快適に歯型をとることが可能になるため、診断当日に矯正の仕上がり予想をその場で確認することができます。また、最新のスキャン技術を活用することで歯型作成の精度も格段に向上し、矯正治療の効果も向上いたします。

仕上がり予想をの
その場で確認できる

光学スキャナーiTeroを使用することで、約1分で「仕上がり予想」を確認できます。矯正治療によってどのような歯並びになるかを事前に確認してからマウスピース矯正を行うかどうかを判断いただくことが可能です。

インビザライン治療の流れ

STEP1

・カウンセリング
・口腔内の写真撮影
・インビザラインの適用かどうかを確認
・前向きな方はiTero(光学スキャナー)で型をとって仕上がりの予想を見る

矯正治療を実施する前に、現在のお口の状況を確認させていただきます。また、歯並びのどの部分が気になっているのか、どのような歯並びにしたいのかなど患者様のご要望をお伺いし、最適な治療方法をご提案いたします。
光学スキャナーiTeroを使えば約1分で「仕上がり予想」を確認できるため、どのような歯並びになるかを予想してからマウスピース矯正を行うかどうかを判断いただくことが可能です。 これは数あるマウスピース矯正の中でもiTeroを使用する場合にしかできません。

インビザライン治療の流れ

STEP2

・型取り

マウスピースを作成するための型取りを行います。

インビザライン治療の流れ

STEP3

・完成したマウスピースをお渡しいたします。

完成したマウスピースをお渡しいたします。最短2回目のご来院でマウスピースをお渡し可能です。

インビザライン治療の流れ
インビザライン治療の流れ

STEP4

・3~5ヶ月で終了

完成後はマウスピースによる矯正期間に入ります。その期間は月に1回経過を見せていただく方もいらっしゃいますし、お忙しい方は完成までご来院の必要はありません。

インビザライン治療の流れ
インビザライン治療の流れ

インビザラインの料金

上下
450,000
片顎
300,000
調整1回(マウスピース矯正期間中に
調整と確認で来院される場合)
3,000
Viveraリテーナー(保定装置)
30,000

デンタルローンのご紹介

さとうデンタルクリニックでは、より多くの患者様に安心して治療を受けていただけるよう、デンタルローンの取り扱いを開始いたしました。インプラント、矯正、審美治療などの保険外診療における治療費全般に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

デンタルローンの特長

●金利3.9%

業界内トップの低金利(2020年4月現在、業者調べ)でご利用いただけます。

●最大84回まで設定可能

ご利用回数は2回~84回までご設定いただけます。

●スマホやPCで登録可能

当院からお送りするメールから登録いただくことが可能です。

●頭金なしで利用可能

頭金なしでもご利用可能です。

●繰り上げ返済可能

残りの支払い金額をまとめて繰り上げ返済することも可能です。

インビザライン治療に
さとうデンタルクリニックの
デンタルローンを利用した場合、

月々 6,700 円から治療可能
まずはお気軽にご相談くださいませ。

医療費の控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために支払った医療費の合計額が一定の金額を超える場合、その超える部分について控除を受けることができる制度のことです。

【医療費控除の対象となる費用(審美治療を除く)

• 自分自身と生計を一にする家族のために支払った医療費
• その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費
• 治療にかかった費用と、診療や治療のための電車代・バス代 等
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額です。
(注 最高で200万円)
(実際に支払った医療費の合計額 ‒ 保険金などで補填される金額)- 10万円(※)
※所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。

【控除を受けるための手続き】

お住まいの所轄の税務署に持参し所定の申告用紙に記入します。 その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては確定申告書に添付するか、提示することが必要です。 また、給与所得のある人は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。
確定申告は2月16日から3月15日迄です。詳しくは国税庁のHP「タックスアンサー」などでご確認ください。

矯正治療に関するコラム

以下より当院院長執筆のコラム「歯医者が考える正しい歯医者の選び方(矯正治療編)」をご覧いただけます。