さとうデンタルクリニック

電話番号:03-5422-7474
facebookページ
24時間オンライン予約

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、より自然な機能回復と美しさ、快適さ、予防を含め、最先端及び高精度技術による治療を行うことです。
インプラントによるおいしく食べられる治療や、セラミックによる美しい歯、
体に優しい治療、虫歯にならない予防処置など快適な生活を送るための治療を自分で選択できることが自費治療の良さでもあります。

当院の審美治療が選ばれる理由

満足のできる仕上がりを実現します。

治療後に「当院で治療して本当によかった」と感動していただけるような仕上がりを目指します。

丁寧なカウンセリングを行います

患者様一人ひとりのご希望とご予算に耳を傾け、
一人ひとりのためのオーダーメイド治療計画を立案、ご提案いたします。

扱う材料へのこだわり

セラミックはセラミックでも病院によって取り扱うブランドも取引している技工所も異なります。
当院では患者様にご納得いただける治療を行いたい、そして私たち自身も本当にいい治療を行いたいという思いから取り扱うすべてのものを一級品で揃えています。いいものをできるだけ患者様に負担がかからないような値段設定で提供させていただきます。

安心の保証制度

患者様に安心していただけるようなしっかりとした保証制度を設けています。
また、当院の保証制度はメンテナンスにご来院いただくことは必須ではありません。

豊富な症例数

今までに培ってきた実績をもとに、患者様一人ひとりのための治療を行います。

インプラント満足度No.1審美治療満足度No.1

▲ページトップへ

症例集(ビフォーアフター)

Case001

タレントとして活躍されている佐山彩香さんの審美治療(歯並び改善)を当院が担当させていただきました。ご許可をいただけたので、審美治療のビフォーアフターを公開いたします。
今回の治療は計4回のご来院でした。




ビフォーアフターを動画でご覧いただけるスライドショーはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=XUZxs06xJe0

 

▲ページトップへ

ジルコニアセラミックとは?

審美歯科治療に使用する素材のひとつです。

酸化ジルコニウム(ZrO2)は、ダイアモンド類似石として
人工ダイアモンドと同元素を持つ素材で、
強さと美しさを持つ新しい歯冠修復セラミックです。

光の透過性を持った素材

金属焼付けポーセレン(金属の上にポーセレンを焼付けたもの)

ジルコニア焼付けポーセレン(ジルコニアの上にポーセレンを焼付けたもの)

治療の例

笑った時の金属が気になります。

ジルコニアセラミックで治療しました。

 

審美治療の流れ

1、カウンセリング、診断

主訴が何か(どこが1番気になる、どこまで綺麗にしたい)などを聞かせて頂くと同時に現状のお口の中の状況を確認させて頂きます。

2、治療計画の立案

いつまでに治したいなどのご希望や実際にかかってくる金額等のお話しをさせて頂きながらどこまで治すか、またどの順序で治療していくかを決めていきます。

3、治療

上記の1.2.で聞いたご希望と治療計画にのっとって治療します。

4、完成

5、メンテナンス

 

治療の流れの例

【例1】
今ある見える場所の金属を白いものに変えたい。
また現状新しくできた虫歯も見える場所は白いもので見えない場所は金属で構わないので治したい。

1、カウンセリング、診断

まずどこまでをご本人が見える場所として気にしているか、また具体的にどの金属が気になるかを聞かせて頂きます。
現状の口の中の虫歯、古い金属の中も虫歯が増えていないか等を診断します。

2、治療計画の立案

セラミックの種類や金額、何回かかるかを説明させて頂きどんなペースでどこまで白いものでやっていくかを決めていきます。

3、治療

決まった内容にそって治療していきます。

4、完成

5、メンテナンス

 

【例2】
歯並びが気になる

1、カウンセリング、診断

どこの歯並びが気になるのか、全体的なのか上の前歯だけとか部分的なものなのかを聞かせて頂きます。
現状の口の中の状況を確認します。

2、治療計画の立案

矯正で治していくのかセラミックで治していくのかを矯正とセラミック治療のメリット、デメリットと費用、治療期間を説明させて頂き、ご本人の気になる部分を治すにはどっちがいいかを相談して決めていきます。

3、治療

4、完成

5、メンテナンス

▲ページトップへ

セラミック治療と歯列矯正の違い

セラミック治療と歯列矯正の違いは以下の通りです。

比較項目 セラミック 歯列矯正
治療期間 最短2回の来院
(1週間~約1カ月)
1年〜3年
(+保定期間 矯正にかかった期間の倍)
費用 本数によるが、1本10万円~ 75万円~
メリット 治療期間が短い
きれいに仕上がる
歯を削らない
デメリット 歯を削る
仮歯の期間がある
治療期間が長い
治療費が高額
虫歯歯周病になりやすい

歯を削らずに治療することができる歯列矯正ですが、セラミック治療と比較すると長い治療期間、高額な治療費が必要です。
また、歯列矯正時に使用するワイヤーによって虫歯・歯周病にかかってしまうことも多く、結局歯を削ってしまうことも少なくありません。

▲ページトップへ

審美治療例

貴方に最も適した治療をご提案します。
ご検討ください。

治療前 治療後

歯肉の黒っぽさが気になります。
歯肉と歯の境目の黒い部分が見えています。
内部の金属の影響でこのようなことがおきます。

金属を使わない治療では
金属による審美障害、
アレルギーの心配が少なくなります

治療した歯だけ違って見えませんか?

自然な歯と調和した治療が理想です

金属の治療は審美的ではありません。
大きな口を開けて笑うことも気になります。
金属アレルギーの心配もあります

金属を使わない治療では
金属による審美障害、
アレルギーの心配が少なくなります。

金属の色が気になりませんか?

自然な歯と調和した治療が理想です

▲ページトップへ

レーザーによるメラニン除去

メラニン除去に使用するレーザーメラニン除去に使用するレーザーの説明

レーザーの光、熱による除菌効果や遠赤外線効果による血流促進などの組織の再生効果により下記等の幅広い治療に安全で限りなく有効的に使用することができます。またレーザー治療は無痛で行えるのも特徴の1つです。また、レーザーを使用することで、歯ぐきのメラニン色素を除去し、歯ぐきの色をピンクに戻すことも可能です。

Before/After

メラニン除去料金
メラニン除去(1歯あたり) ¥4000

▲ページトップへ

金属アレルギー(メタルフリー)

金属アレルギーは金属がイオン化して溶け出し、体内のタンパク質と結合しアレルゲンとなることで生じます。
歯科治療用金属では一般的にニッケル、水銀、コバルト、パラジウム、クロムが問題となります。
アレルギーを起こしにくい金属として金、白金などが挙げられますが、金などでもアレルギーを発症するケースも見られます。

資料提供:東京医科歯科大学歯学部附属病院 歯科アレルギー外来 松村光明、中島航輝

▲ページトップへ

歯の土台(コア)

ファイバーコア

素材の特徴
ポスト(芯)にグラスファイバーを使用しており自然な白色な土台です
審美性 ★★★★★ 金属アレルギー ★★★★★
費用 選ぶポイント 最も美しい最新の審美治療
長所 □金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がなく、審美的にも優れている

□適度なしなやかさがあり歯に優しい

□歯肉の色がきれい

短所 □費用がかかる

メタルコア

素材の特徴
保険適応の銀合金でできた土台です
審美性 ★★★★★ 金属アレルギー ★★★★★
費用 保険適用 3割 約1,000 円 選ぶポイント 保険治療で見た目にはこだわらない
長所 □保険適応で安価 短所 □硬いため衝撃により歯が割れる事がある
□歯ぐきが黒ずんで見える事がある

▲ページトップへ

奥歯のつめもの(インレー・アンレー)

セラミックインレー

素材の特徴
セラミックで審美表現します
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★ 金属アレルギー ★★★★★
費用   選ぶポイント 最新の審美治療
長所 □透明感を持った素材で審美的に優れている
□金属を使用しないためアレルギーが起こりにくい
短所 □費用がかかる

ゴールドインレー

素材の特徴
高カラット金合金を使用しています
審美性 ★★ 耐久性 ★★★★★ 金属アレルギー ★★★
費用   選ぶポイント 安心な実績の高い治療
長所 □長年の実績があり多く使われている
□体に優しい金属を使用している
□金属の精密な加工で適合に優れる
短所 □金属の色が気になる場合がある

ハイブリッドインレー

素材の特徴
強硬度のプラスチックで審美的
審美性 ★★★★ 耐久性 ★★ 金属アレルギー ★★★★★
費用   選ぶポイント 比較的安価で綺麗
長所 □保険用プラスチックより強度に優れたプラスチックを使用
□変色しにくい
短所 □長期間使用では変色することがある
□セラミックに比べると透明感がない

金銀パラジウム合金

素材の特徴
保険適応銀合金の詰め物
審美性 耐久性 ★★★ 金属アレルギー
費用 保険適応 3割 約2,000円 選ぶポイント 保険治療で見た目にはこだわらない
長所 □保険適応で安価
□周囲の歯や噛み合う歯を傷つけない
短所 □金属アレルギーの心配がある
□表面が傷つき艶がなくなる
□磨耗してくる

▲ページトップへ

奥歯の被せもの(クラウン)

ジルコニアセラミック

素材の特徴
人工ダイアモンド素材を内面に入れ表面をセラミックスで審美表現します
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★ 金属アレルギー ★★★★★
費用   選ぶポイント 最も美しい 最新の審美治療
長所 □透明感を持った素材で審美的に優れている
□金属フレームを使用しないためアレルギーが起こりにくい
□歯肉との境目が分かりにくい
□歯肉の色がきれい
短所 □費用がかかる

メタルセラミック

素材の特徴
金属を内面に入れて表面をセラミックスで審美表現します
審美性 ★★★★ 耐久性 ★★★★ 金属アレルギー ★★★
費用   選ぶポイント ポピュラーな審美治療
長所 □長年の実績があり多く使われている
□変色しない
□体に優しい金属を使用している
短所 □金属の色が歯茎との境目で見えることがある
□金属アレルギーの心配がある

ハイブリッドレジン

素材の特徴
金属を内面に入れて表面を強度に優れたプラスチックで審美表願します
審美性 ★★★ 耐久性 ★★ 金属アレルギー ★★★
費用   選ぶポイント 比較的安価で綺麗
長所 □保険用プラスチックより強度に優れたプラスチックを使用
□変色しにくい
□周囲の歯や噛み合う歯を傷つけにくい
短所 □長期間使用では変色することがある
□セラミックに比べると透明感がない
□金属アレルギーの心配がある

ゴールドクラウン

素材の特徴
高カラットの金合金で対合歯に優しく噛み合わせには最高です
審美性 ★★ 耐久性 ★★★★★ 金属アレルギー ★★★★
費用   選ぶポイント 実績のある奥歯の治療
長所 □ほとんどのケースに対応
□周囲の歯や噛み合う歯を傷つけにくい
短所 □費用がかかります
□金属色が気になります

フルジルコニア

素材の特徴
人工ダイアモンド素材で歯全体を作ります
高い強度を持ちます
審美性 ★★ 耐久性 ★★★★★ 金属アレルギー ★★★★★
費用   選ぶポイント 丈夫で割れない
長所 □歯ぎしりをする患者様には最適
□金属を使用しないためアレルギーが起こりにくい
短所 □長期臨床の使用実績がない
□対合する歯を傷つける事があります
□色は単色で不透明な白色
□本来の歯の色とは異なる

e-maxクラウン

素材の特徴
高強度ガラスで作られる
審美性 ★★★ 耐久性 ★★★ 金属アレルギー ★★★★★
費用   選ぶポイント セラミックの中ではリーズナブル
長所 □比較的安価なオールセラミック 短所 □ブリッジには使えない
□硬いガラスで対合歯を傷つけることがある

メタルクラウン

素材の特徴
保険で認められた金属で全体を作ります
審美性 耐久性 ★★★★ 金属アレルギー ★★
費用 保険適用 3割 約3,000円 選ぶポイント 保険治療で見た目にはこだわらない
長所 □保険適用で安価 短所 □金属アレルギーの心配がある
□見た目の金属色が気になります

▲ページトップへ

前歯の審美的な被せもの(クラウン)

ジルコニアセラミック

素材の特徴
人工ダイアモンド素材を内面に入れ表面をセラミックスで審美表現します
審美性 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★ 金属アレルギー ★★★★★
費用   選ぶポイント 最も美しい 最新の審美治療
長所 □透明感を持った素材で審美的に優れている
□金属フレームを使用しないためアレルギーが起こりにくい
□歯肉との境目が分かりにくい
□歯肉の色がきれい
短所 □費用がかかる

メタルセラミック

素材の特徴
金属を内面に入れて表面をセラミックスで審美表現します
審美性 ★★★★ 耐久性 ★★★★ 金属アレルギー ★★★
費用   選ぶポイント 実績のあるポピュラーな審美治療
長所 □長年の実績があり多く使われている
□変色しない
□体に優しい金属を使用している
短所 □金属の色が歯茎との境目で見えることがある
□金属アレルギーの心配がある

硬質レジン前装冠

素材の特徴
保険で認められた金属を内面に入れて表面を保険で認められたプラスチックで覆います
審美性 ★★ 耐久性 金属アレルギー ★★
費用 保険適応 3割
約5,000円
選ぶポイント 保険治療で見た目にはこだわらない
長所 □保険適応で安価
□周囲の歯や噛み合う歯を傷つけにくい
短所 □変色で黄ばんでくる
□表面が傷つき艶がなくなる
□磨耗してくる
□金属アレルギーの心配がある

▲ページトップへ

審美治療のための最新設備

2017年1月に発売された最新マイクロスコープのμcamを導入しました。
この最新機種の導入は関東でもまだ4件目です。(2017年4月時点)
さとうデンタルクリニックではより良い治療のために最新設備を積極的に導入しています。

マイクロスコープ「μcam」

マイクロスコープ「μcam」使用例

マイクロスコープ「μcam」使用例

▲ページトップへ

参考:医療費の控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために支払った医療費の合計額が一定の金額を超える場合、その超える部分について控除を受けることができる制度のことです。

【医療費控除の対象となる費用(審美治療を除く)】

  • 自分自身と生計を一にする家族のために支払った医療費
  • その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費
  • 治療にかかった費用と、診療や治療のための電車代・バス代 等

医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額です。(注 最高で200万円)

(実際に支払った医療費の合計額 – 保険金などで補填される金額)- 10万円(※)

※所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。

【控除を受けるための手続き】
お住まいの所轄の税務署に持参し所定の申告用紙に記入します。
その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては確定申告書に添付するか、提示することが必要です。
また、給与所得のある人は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。
確定申告は2月16日から3月15日迄です。詳しくは国税庁のHP「タックスアンサー」などでご確認ください。

▲ページトップへ

さとうデンタルクリニックのデンタルローン

さとうデンタルクリニックでは、より多くの患者様に安心して治療を受けていただけるよう、デンタルローンの取り扱いを開始いたしました。
インプラント、矯正、審美治療などの保険外診療における治療費全般に対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

デンタルローンの特長

金利5.6%

業界内トップの低金利(2015年7月現在、業者調べ)でご利用いただけます。

最大84回まで設定可能

ご利用回数は2回〜84回までご設定いただけます。

スマホでいつでもどこでも登録可能

ご自身のスマホから時間、場所を選ばずにご登録いただけます。

頭金なしで利用可能

審査結果によりますが、頭金なしでもご利用可能です。

繰り上げ返済可能

残りの支払い金額をまとめて繰り上げ返済することも可能です。

ご利用イメージ


インプラント治療にさとうデンタルクリニックのデンタルローンを利用

ローン対象額 486,000円
初回お支払い額 22,668円
2回目以降お支払い額 21,400円

ローン対象額 756,000円
初回お支払い額 23,241円
2回目以降お支払い額 20,700円

審美歯科診療など上記以外の治療費にも適応可能です。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

▲ページトップへ