料金

ホワイトニング、インプラント、審美治療、矯正歯科、口腔外科など当院の治療にかかる料金・費用をご紹介しております。

料金

 

治療する本数の多い方や、かぶせものとホワイトニングを同時にお考えの方は料金ご相談可能です。
まずはお気軽にカウンセリングをお受けください。

かぶせもの(全部タイプ)

オールセラミック ¥120,000 3年保証
メタルボンド ¥85,000 3年保証
オールジルコニア ¥120,000 5年保証
ジルコニアセラミック ¥150,000 5年保証
土台 ファイバーコア¥30,000
直接法¥25,000
3年保証

かぶせもの(一部タイプ)

ハイブリッドセラミックインレー ¥38,000 3年保証
オールセラミックインレー ¥55,000 3年保証
ゴールドインレー ¥60,000〜 3年保証

自費CR

自費CR(グラリア) 1歯20,000円

ホワイトニング

プレミアムオフィスホワイトニング ¥42,000 ※メディアで紹介されたプラン。
ポリリン酸プラチナホワイトニング(オフィス) ¥15000
ホワイトニング(Home)スタートキット ¥25,000(マスピース上下+薬剤2セットを含む)
ホワイトニング用薬剤 ¥6,000(2本)

レーザー治療

メラニン除去(1歯あたり) ¥4,000
メラニン除去(10歯以上の場合、一律) ¥40,000
口内炎レーザー(レーザーのみの方) ¥4,000
口内炎レーザー(保険での検診・クリーニングをされた方) ¥1,000

インプラント

インプラント 1本¥250,000
ope代、CT代含む
10年保証
土台(チタン製オーダーメイド※) ¥50,000 5年保証
土台(ジルコニア製オーダーメイド※) ¥70,000 5年保証
※患者様に合わせてオーダーメイドで作成します。
ソケットリフト ¥50,000
スプリットクレスト ¥30,000
人工骨 骨たし ¥50,000
CGF ¥30,000

その他診療項目

唾液検査 ¥3,000
ジェット ¥2,000
エピオスウォーター ¥2,500
エピオス用ボトル ¥500
ノンクラスプデンチャー ¥110,000~
ヒアルロン酸注入TEOSYAL スイス製 0.1ml ¥4,200
ボトックス(エラ)アラガン社 片顎¥25,000
プラセンタ注射 日本製(ヒト由来の胎盤) 1アンプル¥2,500

矯正治療

初診相談料 無料
検査・診断料 ¥30,000
Ⅰ期(小児 混合歯列期)治療 ¥350,000
Ⅱ期(成人 永久歯列期)治療 ¥700,000〜1,100,000
上下顎セラミックブラケット ¥700,000
ホワイトワイヤー ¥800,000
ハーフリンガル(上のみ舌側) ¥900,000
フルリンガル(上下舌側) ¥1,100,000
部分矯正 ¥150,000〜
調整料(上下顎セラミックブラケット) ¥5,000
調整料(ハーフリンガル) ¥6,000
調整料(フルリンガル) ¥7,000
リテーナー ¥30,000
調整料(保定時) ¥3,000
オプション(Ⅱ期治療基本料金に)
インプラントアンカー +¥25,000(1本につき)
※上記金額に消費税は含まれておりません。

当院の保証について

医院によってはメンテナンスのために通院しなければ保証が効かないということもあるようですが、
当院では海外出張、東京都外からお越し下さる患者様も多いため、メンテナンスのためにご来院いただいていない場合も規定年数保証しています。
※交通事故など患者様ご自身の理由による破損などは期間に関わらず保証の適用外となります
◼︎保証年数例◼︎
オールセラミック3年、メタルボンド3年、オールジルコニア5年、ファイバーコア3年、インレー3年、インプラント土台(チタン、ジルコニア)5年、インプラント体10年
詳細はお問い合わせください。

お支払い方法について

当院の自費診療では患者様のご都合に応じて、現金・銀行振込・クレジットカード・デンタルローンからお支払い方法をお選びいただけます。
※保険診療は料金が全国一律で設定されているため、現金のみ対応しております。
※クレジットカード支払いは何回払いでも対応可能です。
また、複数のお支払い方法を組み合わせてお支払いいただくことも可能です。
例)10万円お支払いのうち5万円を現金、5万円をクレジットカード分割払い
例)10万円お支払いのうち5万円をクレジットカード、5万円をデンタルローン 等
デンタルローンについては以下をご覧ください。
デンタルローン

参考:医療費の控除について

医療費控除とは、自分自身や家族のために支払った医療費の合計額が一定の金額を超える場合、その超える部分について控除を受けることができる制度のことです。

【医療費控除の対象となる費用(審美治療を除く)】

  • 自分自身と生計を一にする家族のために支払った医療費
  • その年の1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費
  • 治療にかかった費用と、診療や治療のための電車代・バス代 等
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額です。(注 最高で200万円)(実際に支払った医療費の合計額 – 保険金などで補填される金額)- 10万円(※)

※所得金額が200万円未満の人は、10万円ではなく、所得金額の5%を差し引きます。

【控除を受けるための手続き】
お住まいの所轄の税務署に持参し所定の申告用紙に記入します。
その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては確定申告書に添付するか、提示することが必要です。
また、給与所得のある人は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。
確定申告は2月16日から3月15日迄です。詳しくは国税庁のHP「タックスアンサー」などでご確認ください。